FC2ブログ

はるせん の うちゅう 2

吉田晴弥先生3

本日、金曜日、最終日!
昨日、やっと行ってこられました。
後ほど、アップします!


「はるせん、いらっしゃいますね。」
「いこっか♪^O^」
運転席の社長は、にこにこ顔
宇宙談義が大好きです。

個展を真近に控え
アトリエと一体化している宇宙陶芸士

「先生、今回のテーマは?」
「溶岩です。」
「!」*`O´*

「副社長っ、都心に出た時、宣伝しよう!」
「はっ、はいっ!」

神宮前、表参道あたりの雑踏で
もしかしたら…副社長とすれ違ったり^^

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
FC2ブログランキング ←ここです
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。
吉田晴弥先生の個展
今月、27日から2月9日まで
渋谷区神宮前2-5-6
Gallery 蓮 ren
スポンサーサイト



はるせん の うちゅう 3

飛ぶ先を見つめる

「先生は、暗黒物質について、どう考えますか」
社長は、少年のようにキラキラ顔。
ダークマターのことですね。はい、どうぞ♪」
宇宙陶芸士は、にっこりお茶を入れてくださいました。

もうビッグバンやら…話は尽きません。

「身近にあるもの
すべてが宇宙なんですよね。
それでぼく、宇宙陶芸士なんです^^」

おぉ…
溶岩を釉薬

楽しそうですね…
ふたりを横目の副社長。

こっちの方が、わたしはっ
できたてホヤホヤを、手にとりました。

信念と情熱の結晶だ…
疲れが吹っ飛んだ副社長です。

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
FC2ブログランキング ←ここです
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。


「はるせん」こと 吉田晴弥(よしだはるや)先生の個展
今日から2月9日まで
渋谷区神宮前2-5-6
Gallery 蓮 ren

はるせん の うちゅう 1

吉田晴弥先生3

宇宙陶芸士 吉田晴弥先生の個展
今月、27日から2月9日まで
渋谷区神宮前2-5-6
Gallery 蓮 ren

はるせんのドレッドヘア風帽子

宇宙陶芸士のアトリエにて
なりきりドレッドヘアの副社長です。

つづく…

FC2 Blog Ranking

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。

「成長のカタチ」展

「おお~、ビールですか!ありがとうございます」
「暑いですものね!でもぉ、ビールじゃないんです。」
ガサゴソ…袋の中は、のどごし生です!(笑)

宇宙陶芸士のアトリエは、普段から整然とおしゃれな空間。
この日は、ギャラリーと化していました。
展示風景

  『開校後、9ヶ月に渡る子供たちの成長は目覚しくひとつひとつの作品は、
  まさにひとりひとりの成長の瞬間がカタチとなったものであります。
  とびきり新鮮な「成長のカタチ」、どうかご高覧いただければ幸いです。』
  (一部省略)

とのご案内。

「楽しみだね。」
にこにこ社長は、朝からハイテンション。
「安全運転でお願いします。」
助手席の副社長は、69歳の若い運転にヒヤヒヤ。(笑)
急いで予定をすませ、駆けつけました。

この日を迎えるにあたり、宇宙陶芸士は、ひそかに孤独な戦いをしていらっしゃいました。
しずかな月に見守られ。

そう、釜で焼くために
作品を適度な厚さへ、底側から余分な粘土を彫ってく作業。
神経を集中します。
あおザメ3

「はるや先生、作品もさることながら、タイトルが最高ですね!」
宇宙陶芸士は、笑ってうなづきながら
「正直、僕も悩んだんです。
もっと実用的なモノの方が、ご家庭でも喜ばれるのではないか…
でも、今この瞬間にしか作ることのできない輝きを、残したいなって。
技術的なことは、これからいくらでも教えてあげられますから」

ビデオをまわすお母さん。
ビデオ

宇宙陶芸士は、学びと才能の結晶を分かち合います。
大きな木が、大地に深く根をおろし、木陰をつくるように。

わたしも、たくさんの方に育ててもらってきたんだよね…
牛乳飲まなきゃっ!
あれ?
いつまでも、伸び盛りの副社長です。
FC2 Blog Ranking

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。
あおさめ1

あおザメ2

犬にもなれるし羊にもなれる

犬にもなれるし羊にもなれるタイトル

もりもりき

もりもりきタイトル

オフロ

オフロタイトル

きつねと鳥

きつねと鳥タイトル

りんごちゃん

りんごちゃんタイトル

なつみさん作品

なつみさん作品タイトル

かーおー

かーおータイトル


大地のこえ

宇宙陶芸士1

宇宙陶芸士は、神妙な表情で
「…それで僕は、土の声をきいてあげようと思って作ったんです。耳に入れてみてください」
「こうですか?」
「おっ、似合いますよ。聞こえますよね?」

わたしは、一心に神経を集中します。
「あの…」
どうしよう、凡人だからだ。
ちょっとさびしい気持ちになって、同情を求めるように、チラッと社長の顔をのぞきます。
意を決して、宇宙陶芸士を見つめ返し、言いました。

「あの、聞こえません。」
一同、一瞬、「しん」となりました。

宇宙陶芸士は、いたずらっ子のような笑顔になって
「ここで聞くんです」
胸を指差すのです。

してやられたました(笑)

「ビッグバンとか聞くと、この目で見てみたいなぁって思うんですよ」
社長の投げかけに、宇宙陶芸士は、ニコッと笑い応じます。
「そうですね、僕もそう思います。」
そして、近くの畑に植わっているキャベツを見ながら
「これも、育つ過程を早送りでみたら、きっとビッグバンですよ。」

時には夜、星空と語り合うように、ひとりアトリエで製作に集中。
宇宙と共に先生と作品は、とどまることなく変化し、発展し続けるのでしょうね。

「こんど通りがかりに、宇宙食を差し入れしてあげよう。」
次の語らいを、楽しみにしている社長です。
宇宙陶芸士2

FC2 Blog Ranking

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。
HOME

プロフィール

ブログランキング

メールフォーム

日記に登場する先生方

最近のコメント

こちらへもどうぞ

QRコード

リンク

いつもコメント感謝です

最近の記事

ブログ内検索

日記を さかのぼる

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック