FC2ブログ

風の又三郎に、会いました

田原田鶴子先生1

田原田鶴子先生2

読売新聞6月17日の記事
を、読んだ社長。

鶴の一声です。
「見に行きましょう!」
68歳の社長、思ったときには、動いてます。

住宅街の中に
ふっ、とあらわれるギャラリー
あけ放たれた 背の高い茶色の扉
その脇には
透明感のある女性が…

そっと立っている、田原田鶴子先生です。

油彩の一筆一筆から
生命力が、あふれてくる!
風になびく草
ザザザザザー
まぶしくてなつかしい世界

田原田鶴子先生の
澄んだ芸術の中で、
あの小学生の又三郎は、生きていました

田原先生が挿絵を描いた「銀河鉄道の夜」
「あの、お代は、どなたに…」
田原田鶴子先生は、
来場者ひとりひとりの声に耳をかたむけ
うなづいていらっしゃいます。
ギャラリィのカーテン奥から、出ていらしたスタッフの方に代金を支払いました。

「サインしてください」
わたしは、表紙をひらきます。

田原先生は、そよ風のような声で応じてくださいました。

田原田鶴子先生3

田原田鶴子先生4

FC2 Blog Ranking

がんばれよ と思ってくださった方、応援のクリックをおねがいします。
副社長の日記は、ブログランキング 社長部門に参加しています。
スポンサーサイト



HOME

プロフィール

ブログランキング

メールフォーム

日記に登場する先生方

最近のコメント

こちらへもどうぞ

QRコード

リンク

いつもコメント感謝です

最近の記事

ブログ内検索

日記を さかのぼる

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック